SHIINBLOG

ぽえよ、っと。

おいしかったものとか書いていきます

wordpressの構造化データエラーを修正したらPVと収益が回復した話

今日はぽえよ。話ではありません。

 

ヒヨココの中の人、実はwordpressのブログもやっています(`・∀・´)エッヘン!!

でもなんの知識もないんですよ。
(いまだにペイントで絵を描いているアナログさ)

 

さいしょwordpressって、無料ブログみたいな感じで出来て、

自分で広告が出せてお小遣いザクザクうふふふふ、くらいに思ってました。

 

とんでもない。

だまされた。

サーバー代とドメイン代が回収できるかどうか怪しいもんだ。

 

しかもある日を境に、もとより少ないPVと収益が右肩下がりに減ってきました

胃が痛くなりますよ。

 

search consoleをあちこち触っていて、

たまたま「検索での見え方」「構造化データ」を見たら、

どえらいエラーが出てました。

冷や汗がどっと出ました。

どうもこれが原因らしい。

 

f:id:hiyokoco:20180220160239p:plain

 

検索で解決方法を探したら、以前からけっこうあるらしく、

ネット上に情報が出ていました。

それを読んでもすぐには意味が分からないんですが、

1週間くらい情報を集めて格闘しました。

 

 

 

Xeory Extensionで構造化エラーが発生! 対処法をまとめた。

 

私は主にこちら↑を読んで対処して(使っているテーマが同じだったので)、

 

最後にこちら↓に書いてあった

crearc-design.com

 

Fetch as Googleに入れました。

ウェブサイト用 Fetch as Google を使用する - Search Console ヘルプ

 

↑正直これがなんなのかよく知らんのですけど、

エラーを修正した後に入れると、すぐもう一度Googleにクロールしてもらうことができるようです。

(Fetch as Googleで「取得」を押して「インデックス登録をリクエスト」を押す)

 

これをやったらすぐに収益で反映されてきてビックリ。

やっぱこいつが原因だったんだ…

 

 

自分が「データを構造化」なんぞしたわけじゃないんで、

完全にコントロール外なんです。

 

プラグインの更新で広告が表示されなくなったりとかもよくあるし…

ほんと、wordpressは初心者には無理やって。

 

でも今回は粘って治りました。

先人が知恵を惜しげもなく公開してくれていることに感謝しつつ…

めでたしめでたし。

 

f:id:hiyokoco:20180220161420p:plain